様々な疑問

治療の今後の動向とは

うつ病の治療は大きく分けると休息と投薬であり、今後は休息期間の過ごし方と投薬の方法についての治療改善の指導が増えると予測されます。 まずうつ病の原因となっている原因から離れて休息をとる必要があるため、職場や学校を休むこととなります。従来はただ休んで治療するというだけで、どのように過ごすのか具体的な指導が足りていませんでした。うつ病治療のために単純に休むだけではなく、うつ病が少し回復してきたら外出する時間を少しづつ増やしていく、運動時間を規則的に設けるなど、元の日常生活に戻れるような生活習慣をつけさせるような指導が必要となってくるでしょう。 投薬に関しては、効果があるのかないのかについてはこれまで患者の判断がメインでしたが、今後は血液検査などから個々人に応じた薬を処方する流れになるでしょう。

うつ病で注意すべきこととは

うつ病の治療中において注意すべきことがいくつかあります。まず患者本人について、休み始めた初期の段階においては何もしないことが重要です。服薬と休息だけで十分な治療になりますので、何もしていないからと言って罪悪感を感じる必要はありません。治療をしているんだという意識を持つことが重要です。 周りの人間が気を付けなければならないこととしては、うつ病で休んでいる人をせかすような言葉をかけないことです。頑張ることができない状態がうつ病なので、早く良くなってとかまだ治らないのかなどの言葉は厳禁です。そのような言葉をかけると患者は責められているような気持になり、追い詰められてしまいます。一歩づつ少しづつ良くなっていくものなのだということを認識し、焦らずに見守ることが大切です。